2歩下がったらその先が見えてきた

前回から5ヶ月、頭頂部は、密度は低いながら、抜かずに生やすことに成功した。

抜毛症の人間として、きちんとしたサイトを立ち上げたいとずーっと考えていた。

立てました。


自分なりの改善、失敗、チャレンジ、可能な限りやってきたことを完結にまとめたいと思う。

よかったら見てやってください。


NOBAS
https://www.nobas.us/


伸ばす。
抜毛症の人なら目指している一言。
抜いて落ち込んでもまた伸ばす。
諦めない気持ちをタイトルにしました。
少しでも誰かの元気や勇気に繋がるといいなと思います。

大敵?生理と暇な時間など雑感[抜毛症][トリコチロマニア]

[抜毛進捗]

頭頂部・・・密度は低いがここ何年か記憶に無いほどできていなかった“約五ヶ月抜かない”を達成!

サイド・・・後でまた書くが、残す優先度の低い部分のため、つるっぱげ範囲が広がった

前髪 ・・・こちらも元々あまり抜きたい衝動の少ない部分なので順調に伸びている

*------------------------------------*


前回の日記で、私の抜毛の原因はとにかく焦燥感だと書いた。
それはまったくその通りで、それ以外にうまい表現が思いつかないが、
先週から2つ、とても抜きたくなる衝動にかられた原因がある。

(1)生理
(2)長期休みでの暇な時間

一つ目はまあ、女性なら皆共感すると思う。
私の場合は体調が悪くなる上にお腹もゆるくなる。
期間中は痛み止めが手放せない。
無駄にイライラしてしまい両サイドを長時間、複数日に渡って抜きまくり、
いい感じにハゲは広がった。
これは超絶保護対象の頭頂部のための犠牲と思っているので仕方ない。
サイドのハゲとは死ぬまで(前向きに)つきあうつもりだ。


問題は二つ目、お盆休みで急に時間ができた。
急でもないのだが、普段の忙しさから考えると落差がありすぎる。
性格的に行動に移すまでに時間をかけがち(単に腰が重く自堕落なだけ)なことも相まって、
休み中にやろうと思っていたことを何もせず数日部屋でごろごろごろごろ、
動画を見て、漫画読んで、髪を抜いていたw


振り返れば、暇な時間というのは、
だらだらしたいという気持ちとあれこれしたいという
気持ちがすごくせめぎ合っている気がする。

そんな中、特に目立った焦燥感は無かったが、
生活の小さな罪悪感(※)を考えてしまう時間が多いのは
やはりあまりよくないかもしれない。抜毛症の人には。
(※)炭水化物をたくさん食べてしまったとか、
  飲み過ぎたとか、寝すぎたとか、今日一日何もしていないとか、
  LINEのあの一言余計だったかなとか笑


とりとめの無い日記になったが、
忙しい方が抜かないと言いたいわけではない。
焦燥感がひどい場合、仕事中でも遊んでいるときでも合間を見ていくらでも抜くことができる。

ウィッグを被っている人はわかるかもだが、被った状態で頭を触ると
伸びかけのチクチクした毛が飛び出ていて、
触ると気になりウィッグの上から抜いたことがなんどかあるくらいだ。
代替え行為でウィッグの上からボールペンでブスブス刺すこともしょっちゅうあった。
その抜きたいエネルギーを蓄えてお家に帰ってやることと言えば・・・大量の抜毛。


今、ある程度、焦燥感の抑制につながっていると感じるのは、
やはりベースとして糖質制限がある。あくまで個人的な意見だけど。
ただ、生活する上で月に何度も不安になったりイライラするようなできごとは
必ず起こるものだから、その時に理由と対処法を適切に考えることができればもっともっと
抜毛しなくて済むようになるのかな。


さらに客観的に焦燥感の原因を見つめていきたい。
とある月の焦燥感の原因と抜毛量カレンダー作るかなあ。

抜毛の原因はとにかく焦燥感だ(私の場合)[抜毛症]

先日書いた記事( http://d.hatena.ne.jp/tarosan19/20170727 )で、
焦燥感と抜毛、うつ病と糖質の関係について思うことを書いたが
あの後、また気になることがあった。

ゆるい糖質制限(※)は続けられていて比較的穏やかに過ごしていたのに
ある夜、すごく髪の毛を抜きたくなった。
それはもう抜かないといてもたってもいられないくらい。
今も若干焦燥気味だが、まったく比較にならない。
あの気分は抜毛症の人でないと分からないのではないか。

▼回顧
焦燥(イライラともいえない胸がつまるような重苦しい焦り・不安)

抜く、気持ちいい

もっと・・・←これがまた焦燥につながる

ループ、サイド丸ハゲ


焦燥感の原因はなんとなく察しがついた。
仕事のことで少し悩んでいた。
退職者が出て、その人の仕事を私が担当することになり大急ぎで引き継ぎしている。
その代わり私と2人でやってきた今までの仕事をもう一人の人に引き継がなければならず
私の代わりに新人さんが対応することになっているが、
もちろんすぐに代わりとはならない。
受け取りはするが、なかなか渡しきれない上に、
引き継ぎ先の人に少し嫌みっぽいことを言われてしまい参って家路についた日だった。


簡単に言うと、確信を持ったのは焦燥感の原因は色々あるということだ。
分かってるよ!って思った人多そう・・・w

▼今考えている可能性の図式はこう
抜毛症 ←-- 焦燥感 ←-- 低血糖うつ病の原因?)?
        ↑-------- 仕事や生活する上での悩みごと
        ↑-------- 認識すらできていない何かのストレスがあるかも?


朝まで結局眠れず考えていたら、まあ仕事のことなんで
解決策が思いついてすぐ実行に移したら、そんな焦燥感は消えたんだけど、
たぶん問題なのは三つ目、自覚がない悩みや焦燥、不安をじわじわと感じちゃっている場合、
自覚がないから、なんで抜きたいのか分からない、やめたいけど解決策も浮かばない。

ずーっと今後の生活(生涯独身じゃないかとか)や年収が増えず、
仕事は忙しいままなんじゃないかとか、今すぐどうこうできそうに無い問題を
あーでもないこーでもないと考えている時期があった。
もちろん、人生で一番ハゲた。

ま、それも大目標を見つけてクリアはしたんだけど、これには大きな環境の変化も必要だった。
ずばり県をまたぐ引っ越しもした。


◆今日の結論
(1)抜毛の原因は焦燥感で間違いない、ただし焦燥感の原因は色々ありそう
(2)自覚や認識のない不安や焦りはできるだけ前向きに捉え直すか、環境を変えてみてはどうか


もし、私と同じように悶々と毛を抜き続けて、
焦燥の理由または解決方法も分からず不安に襲われている人がいるなら
自分に言い聞かせる意味も多分に含めて、
あたりまえと思わずに自己の問題と向き合ってみてほしい。


面白いのは、あ、今●●のことで悩んで抜きたいんだな私、と
客観的に思うと、少し気持ちが和らいで抜くのを我慢できた。
それでもしんどいときは優先度の低い部分を抜けばいい。


(※)私のは糖類制限の表現の方が正しいかもしれない
 もし読んでくれている人がいるなら、
 私は熱心な制限ダイエッターでもないので緩く捉えてほしい。。

抜毛症とうつ病と糖質をつなぐもの[抜毛症][うつ]

[抜毛進捗]私のハゲ頭の調子はというと、特に大きな変化は無し。

頭頂部・・・可もなく不可もなく順調に伸びているが相変わらず密度が低くハゲ感あり
サイド・・・少し抜いているのでまだまだうぶ毛のみ
前髪 ・・・目に見えて伸びて前髪らしくなってきたのでうれしい

*------------------------------------*


ところで、先週から「糖質」と「抜毛症」の関係を意識して生活していたところ、
小さな発見のようなものがあった。


相変わらずゆるい糖質制限をしているのだが、
しこたまお酒を飲んだ次の日はどうしてもラーメンが食べたくなるので
昼・夜と2食続けてしっかり食べてしまった。

食後しばらくして「あ、(髪を)抜きたい」と思った。
ここ最近感じていなかった焦燥感だった。



いまいち言葉にできていなかったが、
「抜きたい」と感じる原因に「焦燥感」がある。
焦燥感を紛らわせたいから、気持ちの良い行為「抜毛」をするのだなと感じた。

うつ病 糖質 焦燥感 で検索してみると、
低血糖が原因で鬱病になる場合がある、という記事がたくさん出てくる。



▼こんな図式が浮かんだ

抜毛症 ←-- 焦燥感 ←-- 低血糖うつ病の原因?)


軽く検索するとわかると思うが、幼い頃から血糖値の乱降下を繰り返していると
その症状に気づかないらしい。


もちろん、仮説にすぎないし、私は医者でもなんでもない。
あくまで実体験から思ったことを書いているだけの無責任な人間なので
鵜呑みにしないでほしい。


ただ、この小さな発見のようなものが、誰かのためになるとうれしいな。



●ちなみにゆるい糖質制限って結局何やっているの?
米、麺、はるさめ、芋類、小麦粉、このあたりを食べない。牛乳も飲まない。
ポトフとかカレーに入ってる程度の芋はOKにしている。
コンビニの商品は丁寧に糖質(糖類)が書いてあるからすごく便利だ。
10gを超えるものは大罪なので絶対買わない。※おにぎり一つで30〜40はあると思う
最近ファミマでライザップブランドの低糖デザートがあるのでうれしい。

ちなみに、体重は減っていないが、お腹は軽い。
あんなに毎日食べたかったパスタもラーメンも興味が薄れた。
飲み物も毎日甘いコーヒーを飲んでいたけど、ブラックに変えた。
かといってお腹がいっぱいにならないのは嫌なので、
たぶん女性にしては1食に驚くくらいの肉・魚・卵を食べている。
(野菜があまり好きじゃない・・・食べるけど)


このまま抜きたいと思わない時間も、糖質制限も、続くといいなあ。

食生活の見直しが抜毛症に効く?![抜毛症][トリコチロマニア]

先日ブログを更新した後に不思議な感覚になったのでご報告。

ふとお風呂上がりにハゲた頭を鏡で見ていたとき、
『あ、抜かなくてもいける気がする』
と思った。

これは抜毛症になって20年経つが初めて確信に近い感覚で思った。

バスケをしていたときに何度か感じたことがある、
スポーツ選手が“ゾーンに入った”と表現するアレが一番近かった。


サイドは少し抜いているが、頭頂部は順調に伸びている。
今2〜3cmくらいかな密度は低いが。
それでも自分に裏切られ続けてきたので、まだ信じきれてはいない。


ただ、もしこのままうまくいけば....
原因はつきとめたい。


なぜ、そう思えたのか?
最近で思いあたる変化といえば、『糖質制限ダイエット』。

以前はカロリーを取りすぎないことだけを意識して失敗してきたが、
カロリーは意識せず、糖質を一日30〜50mg以下にするこを意識するようにした。

そして、たまたま最近読んだネットの記事で、
糖質制限鬱病が治ったというものを見たなと思った。


無理矢理ひもづけている感が自分でもあるし、
まだ体で実証できていない今は都市伝説の域を超えないが、
もしかして、もしかして、

糖質制限』が抜毛症にも効くのでは?!

と感じた。


また、進捗を更新していきたいと思う。

痩せた上に髪が生えたら最高だよね。
ちなみに糖質制限ダイエットを始めて一応2キロ痩せた。
も少し続けていきたいと思う。

薬もサプリも効かない

PCを新しく買った。

『抜毛症 ブログ』と検索すると2ページ目に
まだ自分のブログが表示されているのでついつい嬉しくなり、
3年ぶりにブログを再開。


抜毛症は薬やサプリでは治らない。


と、私も過去の体験から感じている。
だからといって未だに抜き続けて解決策を見い出せずに
いるんだから世話ないが。


仕事だと改善やテスト、PDCAがどうだとか考えているくせに、
プライベートな問題だと放置しがちだ。なぜだろう。
そこで今後の対策を考えてみることにする。


◆現状
ウィッグで隠すことで見た目がよくなり精神的に安定したし生活に華は出たが、
見えない安心感からどんどん抜いてしまい過去最高の抜きまくりハゲ頭。
坊主にした後伸び掛けを抜いているときの自己嫌悪ったらものすごかった。
今はボブ?というかダイゴロウ?w 前髪付近と後ろの端っこに長い髪があるのみ。


◆問題点
もともと根気が無い性格なのに、抑止環境に全くない。
気楽な一人暮らし。ウィッグ。好きなだけ抜いてもばれない。
髪の密度が濃くないうちに抜くと、たった数時間で500円玉はげのできあがり。
2日後にはあっという間に手のひらサイズだ。


◆とにかくモチベーション重視にシフトしてはどうか
(1)生えた感を出すために少し伸びたら刈るを繰り返す。(さすがに2cm以下は抜けない)
   →密度が濃くなりやる気アップ作戦、少し抜いてもまだOK
(2)頭の部位で優先度を頭頂部に設定(サイドは最悪生えなくなったら頭頂部にエクステ)
(3)少し精神的にハードルが高いが抜毛症インスタも検討中


ちなみに生え薬は定期的に振ってる。
ま、やれることをやるしかない。